第21回 湘南ビジネスコンテスト  審査員紹介

TOP

 第21回湘南ビジネスコンテストの審査員の方々をご紹介します!
 ファイナリストの事業を成長、成功に導くために、さまざまな提案やアドバイスを行う複数の専門家です。

<以下、敬称略・順不同>

審査委員長

慶應義塾大学 総合政策学部 教授 飯盛 義徳

佐賀市生まれ。松下電器産業株式会社勤務を経て、1992 年 慶應義塾大学大学院 経営管理研究科修士 課程入学。1994年同修了後、飯盛教材株式会社入社。1997年 常務取締役。1999年 NPO鳳雛塾を設立。 2002年 慶應義塾大学大学院経営管理研究科博士課程入学。2005年 慶應義塾大学環境情報学部専任講師。 2008年 同大学総合政策学部准教授、2014年 教授、2015年 SFC研究所所長就任。専門は、プラットフォームデザイン、 地域づくりなど。総務省ふるさとづくり懇談会委員、総務省地域力創造アドバイザーなどを務める。

各審査員

ヤフー株式会社 メディアカンパニー 事業開発本部長 石島 真奈

慶応義塾大学法学部卒業後、総合商社を経て2002年ヤフー株式会社に参加。法務分野で同社およびグループ会社の各種の事業支援、M&A、コーポレートがバナンス等に携わる。2013年投資法務部長。2015年より社長室政策企画本部長として政策提言活動等に携わる。2016 年より内閣府消費者委員会消費者契約法専門調査会委員。2017年4月より広告事業およびメディア事業を擁するメディアグループにおいて事業開発に携わっている。

株式会社デジサーフ 代表取締役 高橋 佳伸

平成13年開催の第2回湘南ニュービジネスコンテストで優秀賞を受賞。 2011年よりリアル店舗とITを融合させたO2O事業でBBQ場を開設し5年で20倍の成長をさせる。 現在の中核事業である「デジキュー」では、BBQ場と利用者・運営者・産地食材をマッチングさせるプラットフォームを展開し、 都市型レジャーの市場を牽引している。 今年は「第1回SDGsベンチャーアワード」において「SDGsソーシャルビジネス大賞」を受賞 主なテレビ出演:2018年がっちりマンデー、池上彰と100人の社長、2019年ガイアの夜明け

Human Delight株式会社 代表取締役 野田 万起子

静岡市出身 東京国際大学、米国オレゴン州TIUアメリカ校卒後、’93年株式会社ベンチャー・リンク入社(’01年東証一部上場)、’10年同社取締役に就任。’11年に同グループよりMBOにより独立、インクグロウ代表取締役社長就任。’15年同社取締役会長となり’10年に静岡に設立したHumanDelight株式会社の代表取締役。地域金融機関と共に中小企業のビジネスマッチングを支援。更に地方自治体の地方創生に関する支援に従事する一方、女性活躍の機会を積極的に広げている。

日本政策金融公庫 国民生活事業南関東創業支援センター所長 寺田 博史

東京都品川区出身。平成4年に国民金融公庫(現日本政策金融公庫)に入庫。関東・関西で計7店舗勤務後、現創業支援センタ−に配属。営業・審査を中心に担当し、今までに10,000社以上の中小企業経営者と面談・相談をしてきた。 現在は、創業支援センタ−所長として公庫主催のセミナ−や各関係団体の創業スク−ル、創業塾で講師を担当している。

特別審査員

(株)スードリー代表取締役
  フラワーアーティスト 前田 有紀(元テレビ朝日アナウンサー)

10年間テレビ局に勤務した後、2013年イギリスに留学。 コッツウォルズ・グロセスター州の古城で見習いガーデナーとして働いた後、 都内のフラワーショップで3年の修業を積む。 「人の暮らしの中で、花と緑をもっと身近にしたい」 という思いからイベントやウェディングの装花や作品制作など、 様々な空間での花のあり方を提案する。 2018年秋に自身のフラワーブランドguiを立ち上げる。

審査コーディネーター

DANベンチャーキャピタル株式会社 代表取締役 出縄 良人

太田昭和監査法人(現:新日本有限責任監査法人)にて上場指導業務に従事後、1997年にディー・ブレイン証券を創業。日本証券業協会のグリーンシート市場を主導して中小企業の公募増資による資金調達に尽力。グリーンシートの主幹事先企業数は140社、資金調達総額は110億円に上る。2010年に同社代表を退任後、2015年にDANベンチャーキャピタルを設立。CVCと株式投資型クラウドファンディングによる新たな資金調達のインフラ作りに挑戦を再開。