湘南新産業創出コンソーシアム  事業一覧>

大学見学会事業

TOP

img

横浜国立大学 見学会を開催します!

横浜国立大学は、2009年に創立60周年を迎えました。横浜らしさを生かした国際共同研究を推進し、
世界に多くの「知」を発信する大学として、活動を展開しています。
同大学の研究活動を知ってみませんか? 是非ご参加下さい。


    ★ 終了しました ★

    当日の模様は本ページ下段“過去の事業”をご覧ください。

開催日時

  平成28年11月25日(金)  14時00分〜17時15分 (予定)
                                    ※上記時間はプログラムの所要予定時間です

集合場所・時間

 ■集  合 : 藤沢商工会館 入口前に集合

 ■集合時間 : 12:45〜13:00

  入口付近にて係員へお声がけください。
  商工会館前からバスが出ます。時間厳守でお願いします。
  進行の都合上、途中からのご参加ができません。時間にお気を付けてご集合ください。
  現地(横浜国大)への直接のお越しはできません。予めご了承ください。
  解散も藤沢商工会館前となります。

見学先

  横浜国立大学

参加費

  湘南新産業創出コンソーシアム正会員、(公財)湘南産業振興財団 会員は無料
  ※上記以外は1,000円(税込)を承ります。

  コンソーシアム正会員は下記 URL からご登録いただけます。
  → http://www.s-cns.com/member/index.html

内容

 詳細チラシは こちらから

 @オリエンテーションT 

  横浜国立大学の研究内容や研究施設についてご紹介します。
  貴社と繋がる研究活動があるかもしれません。

 A大学施設見学

  【見学施設 】
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
   ◆先端科学高等研究院  (材料損傷統合センシングシステム)

    極限環境における構造物の信頼性を評価するため、6軸の加振装置と温度急変装置を備えた
    HALT(High Accelerated Limit Test、国内の大学では初めて導入)に物理化学センシングシステムを
    統合させた評価装置です。
    リスク研究において、最先端の成果をもとに実証実験を通じた社会実装への展開を加速します。

    【主な用途】
    ● 材料開発 : 新規開発材料を用いた構造物の実証実験
    ● 製品安全分野 : 過酷な環境における製品の稼働限界の抽出

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
   ◆機器分析評価センター

    当センターは透過型電子顕微鏡や核磁気共鳴装置などの大型研究設備及び最先端の精密分析機器を
    集中的に管理し、学内外の物理 ・ 化学 ・ 材料 ・ 生命科学などの関する先端的な研究の基盤を支えています。

    当センター内のRI 教育研究施設では、各種放射線測定や非密封RI (放射性同位体元素)による
    トレーサー実験などが行えます。

    最先端機器の教育を通した教育研究支援を遂行するとともに、高校生向けの体験プログラムや
    社会人を対象とする公開講座の対応などを通じて、地域 ・ 社会貢献も行っています。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



お申込み

  会社名 ・ お役職 ・ ご氏名 ・ 携帯電話番号を必ず明記のうえ、下記メールアドレス/FAXでお申し込みください。
  お電話でも承ります。
  〆切は11月16日(水)16時までです。
  
  TEL:0466-21-3811 FAX:0466-24-4500 
  E-mail:conso@cityfujisawa.ne.jp

主催

  湘南新産業創出コンソーシアム、(公財)湘南産業振興財団

共催

  藤沢市、藤沢商工会議所

過去の事業

平成27年度 大学見学会事業(慶應義塾大学SFC)

平成28年度 大学見学会事業(横浜国立大学)